2018年03月22日

「VOICE」42号 取材の様子@パソナ農援隊様

先日、(株)パソナ農援隊さんに取材へ伺いしました。
次号のテーマが「『農業×就活』の情報源!」(仮)ということで、
民間企業が公的機関の就農支援をサポートされている目的等を中心に伺いました。

180322_voice (2).jpg

パソナ農援隊さんといえば、ビルの中でお米や野菜を育てていることでも有名でしたが、ビルの移転に伴い大リニューアル。規模は小さくなっていましたが、天井に野菜をならせたり、棚のプランターで野菜を栽培するなど、ところどころに野菜が実っていました♪

180322_voice (3).jpg

また、13Fには「大手町牧場」がありますが、事前予約をすれば見学可能とのこと。
今回は伺った時間に予約が埋まっていたので断念しましたが、機会を改めて伺ってみようと思います。(念のため、前後に畜産関連の取材がないときにしようかと思いますが…)

180322_voice (1).jpg

取材にご対応いただいた皆さま、ありがとうございました!
(ちなみに中央は学生です)

180322_voice (4).jpg

今回の取材の様子は、次号の「VOICE」に掲載予定です。
お楽しみに!

【パソナ農援隊】
http://www.pasona-nouentai.co.jp/

【大手町牧場】
https://www.pasonagroup.co.jp/otemachi_bokujo/

2018年03月20日

「VOICE」42号 取材の様子@マイナビ様

就活生の方にはおなじみの「マイナビ」。
運営会社である(株)マイナビさんに、先日取材をさせていただきました。

といっても、就活サイトについてではなく、テーマは「農業」。
農業法人の求人について、農業界と他業界での就活の違い、
「マイナビ農業」について、など様々なお話を伺いました。

180320_voice (1).jpg

ご担当者さまが大変ユニークな方で、学生スタッフも思わず爆笑!
楽しくも真剣なお話をお聞かせいただきました。
ご対応いただいた皆さま、ありがとうございました。

180320_voice (2).jpg

今回の取材の様子は、次号の「VOICE」に掲載予定です。
お楽しみに!

【参考】マイナビ農業 https://agri.mynavi.jp/

2017年12月24日

これぞ6次産業化!@広野牧場さん

先日とある業務の関係で、いつもお世話になっている香川県の広野牧場さんへ伺いました。
http://www.hirono-farm.com/index.html

広野牧場さんでは牛乳の生産だけでなく、
その牛乳を使ったジェラート屋「MUCCA」を展開したり、最近ではピザ屋&チーズ工房「VACCA」も始められました。

そこで、広野牧場さんへ伺う前にピザ屋へ!
*「森のジェラテリア MUCCA」と「森のピッツェリア&森のチーズ工房 VACCA」は隣同士にあります。
http://www.hirono-farm.com/amusement-farm.html
171222_広野牧場01.jpg

数種類ある中から今回は和風ピザを注文。
ピザにはフレッシュチーズがたくさん!美味しい!

171222_広野牧場02.jpg

店内は落ち着いた雰囲気で、ところどころに牛が顔をのぞかせています。

171222_広野牧場03.jpg

171222_広野牧場04.jpg

ピザのあとは食後のデザートにジェラートをいただきました。
カボチャとイチゴのミルフィーユを注文しましたが、カボチャ感がすごい!!&イチゴと牛乳の味が絶妙に混ざり合って美味しい!!

171222_広野牧場05.jpg

こちらもお店の雰囲気がとても良く、デートできている(と思われる)カップルも満足そうでした(^^)

171222_広野牧場06.jpg

171222_広野牧場07.jpg

その後は牧場へ伺いヒアリング。夜は「クリスマス&忘年会」に混ぜていただきました(凄い盛り上がりだった…!)。

翌朝は早朝から牧場の仕事を拝見。
社員さんの多くは20代〜30代の女性というのも広野牧場さんの特徴。
早朝から働く姿はとてもカッコ良かった…!
愛情たっぷりに育てられた牛たちも良い表情をしていました♪

171222_広野牧場10.jpg

171222_広野牧場08.jpg

171222_広野牧場09.jpg

広野さん、広野牧場の皆さん、ありがとうございました!


posted by NOPPO at 23:00| Comment(0) | その他

2017年12月18日

【農業フリーペーパー「VOICE」41号】取材の様子

実は…先月から次号「VOICE」の取材が始まっています!

最初の取材は、株式会社ローソンの農業推進部さん。
「ローソン」は言わずと知れたコンビニ大手の1社ですが、
農業者と連携した「ローソンファーム」を全国で展開し、農産物を生産・加工・販売をしています。

今回、現場の農業者ではなく本社の方へお話を伺ったのは、
「農業関連の様々な仕事を知りたい!」という制作メンバーの希望から。
インタビュアーの学生スタッフは今回が初取材で、最初はとても緊張していましたが、
部長さんの熱いお話に触発され最後は会話が弾みました。

181218_voice (2).jpg

具体的な内容は…次号の「VOICE」にて!お楽しみに♪
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

181218_voice (3).jpg

181218_voice (1).jpg

------------------------------------
【参照】ローソンファーム
http://www.lawson.co.jp/company/activity/special/lawsonfarm/index.html
http://www.lawson.co.jp/recommend/lawsonfarm/index.html
------------------------------------



2017年12月10日

【取材】たこまいらいふ萩原農場 萩原さん

「VOICE」の名物コーナー?!イケメン若手農家さんをピックアップする「リレーインタビュー」。
今回は、28歳の稲作農家・萩原さんにお話を伺いました!

171210_萩原農場1.jpg

萩原さんが農業を営むのは千葉県多古町は、美味しいお米「多古米」の生産地として有名です。
東京農業大学を卒業し「就農のために営業を学びたい」と都内で営業職に就いたあと、その経験を活かすべく家業の農業に就農した萩原さん。親御さんから生産技術を学びながらも「たこまいらいふ萩原農場合同会社」を設立し、ご自身で会社を経営されています。

171210_萩原農場3.jpg★たこまいらいふ萩原農場
 http://takomai.ocnk.net/
 https://www.facebook.com/takomaihagiwara/

就農してすぐの頃から、様々なご縁から毎週土曜日に東京都墨田区で開催される「すみだ青空市ヤッチャバ」に出店されています。「最初は全く売れずにどうしようかと思った」と話す萩原さんですが、3年間どんな天候の日も出店し、今は常連さんもつくほど人気のブースに!

★すみだ青空市ヤッチャバ
 http://yacchaba.tokyo/

お米だけでなく、地域の農家さんの野菜や卵も一緒に販売しているのも特徴的。「仕入れを通して地域の農家さんともたくさん繋がりができた」ことが大きな財産になっているそうです。
地域の農業を盛り上げたい!移住者を増やしたい!と熱く語ってくださった萩原さん。すてきなスマイルからもその熱意が伝わってきました。

詳細は・・・次号の「VOICE」をお楽しみに!
萩原さん、そして萩原さんをご紹介いただいた若手農家U君、本当にありがとうございました!

171210_萩原農場2.jpg