2017年05月26日

【取材の様子】東北コットンプロジェクト

地元の農業者と連携しながら、塩害農地での綿花栽培を通して、
震災復興や農業再生、雇用創出を目指す、「東北コットンプロジェクト」。
東日本大震災発生後すぐに立ち上がったという同プロジェクトについて、5月下旬にお話を伺いました。

170526_東北コットン(1).jpg
△同プロジェクトで生産された綿花。タブレットに写っているのは畑に植えられたワタの種。

圃場のある場所は、宮城県の沿岸部に位置する地域。震災の津波被害が甚大だった場所の一つです。
津波にあった農地は、塩害の影響で営農が困難になります。
そこで、塩害に強い作物として、綿花栽培が始まりました。
困難なこともたくさんあったそうですが、7年目となる今年も、多くの協賛企業の社員さんやボランティアの方々と、ワタの定植をされたそうです!

「東北コットンプロジェクト」の詳細は、次号の「VOICE」に掲載するので割愛しますが、
公式サイトがすごくきれいで情報も多いので、ご興味ある方はぜひご覧ください♪

【URL】 http://www.tohokucotton.com/
170526_東北コットン(3).jpg


☆facebookでは、最新情報も掲載されています。
【FB】 https://www.facebook.com/TOHOKU-COTTON-PROJECT-238133722899802/


ちなみに、国産の綿花の自給率は 「0%」 という驚愕の数値…!
日本産の綿花でコットン製品を製造されている企業もありますし、“全く栽培されていない”ということではありませんが、産業用としての生産はほぼないそうです。
(「東北コットンプロジェクト」でも協賛企業さんがその綿花でつくった衣類等を販売されています)。
綿花についても、改めて勉強しようと思います。

取材後には、綿花から糸をつむぐ方法を教えていただきました。・・・が、難しい!
学生スタッフも真剣です (めっちゃ笑ってますが・笑)

170526_東北コットン(2).jpg
△今回お話いただいた広報担当の中野さん(左)と、学生スタッフ(右)。

ちなみに、中野さんの本業は「フォトグラファー」。
サイトに目を惹く写真が多いことにも納得です…!
加えて、現地ではコーディネーターをされたり、農作業をされたり、動画撮影もされたり、etc…とてもマルチな方でした。お忙しいところ、ご対応いただきありがとうございました!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: