2016年05月05日

合田農場 播種研修 【レポート】

4/20〜23にかけて、合田農場さんにて播種研修を実施し、
今回は土日を利用して学生2名が参加しました。
場所は、大潟村(秋田県)です。

160505_合田農場1.jpg

*稲作での播種(はしゅ)とは、稲の種もみを蒔く作業です。
 一般的な稲の育て方はこちら↓をご参考ください。
 「苗作りの実際―箱育苗について」(みんなの農業広場)
 http://www.jeinou.com/benri/rice/2008/04/111130.html

学生2名は、今回が初めての稲作研修。ということで、作業中も質問が尽きません!

合田さんも「ただ作業するだけの労働体験でも、お客様扱いする農作業体験でもなく、その中間を目指したい。質問にはできるだけ答えたい」との考えがあるので、一つひとつに丁寧に答えていきます。

※ちなみに、研修生の宿舎は合田農場さん所有の研修施設になるので、
 話ができるのは基本的に作業中のみとなります。

160505_合田農場2.jpg 160505_合田農場3.jpg

合田農場さんでは、午後に播種をして翌日午前にハウスへ並べるのが1セットの作業となります。
その数、1セットで1,000箱!
ハウス1棟が端から端まできれいに埋まります。
(この作業を4セットするので、合計では4,000箱、ハウス4棟分を蒔きます)

160505_合田農場4.jpg 160505_合田農場5.jpg
(左)左側に見えるのが播種機。ここで播種された育苗箱を積み、翌日の並べる作業に備えます。
(右)種もみ。事前に催芽し「はとむね」状態にしています。

160505_合田農場6.jpg 160505_合田農場7.jpg
↑並べている様子。ハウスの端から端まで並べていきます。

作業の合間には、
「大潟村の広大な田んぼを見てもらおう!」と田んぼにある納屋の屋根に登ったり、

160505_合田農場8.jpg 160505_合田農場9.jpg
↑見渡す限り田んぼ!ちなみに、田んぼ1枚が1.25haもある。

機械作業を体験してもらおうと、
フォークリフトの運転や、トラクターの運転を体験しました。

160505_合田農場10.jpg 160505_合田農場11.jpg

トラクターにはプラウを付けて、プラウ耕(天地返し)をしましたが、
学生は「トラクターで走るだけなら問題なく出来たけど、プラウで真っ直ぐ走るのはすごく難しかった。かなり曲がってしまいました。。。」と悔しがっていました。

160505_合田農場12.jpg 160505_合田農場13.jpg
↑悔しがっていても、カメラを向けるとポーズが決まります(笑)

他にも、1日目の夜には、
合田さんの農家仲間の田中ファーム・田中さんと、松橋ファーム・松橋さんと交流会をし、
農業や政治といったまじめな話から恋愛トークまで様々な話で盛り上がり、

160505_合田農場14.jpg 160505_合田農場15.jpg

お昼休みを利用して、「干拓博物館」や「産直センター」に行ったり、観光名所の「日本一低い山・大潟富士」を登頂したり(笑)、大潟村の温泉で汗を流したり、2日間の中でいろいろな事を学べる研修となりました。

合田さん、今年もありがとうございました!
学生くん、慣れない作業で大変だったと思いますが、お疲れ様でした!
この経験を今後の活動に活かしてほしいと思います♪

160505_合田農場16.jpg 160505_合田農場17.jpg

*農業生産法人(株)合田農場
 http://www.umaikome.com/owner.html
 http://umaikome.com/

posted by NOPPO at 16:00| Comment(0) | 農業研修・体験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: